【その3】日本でスペイン語の学校に通う

SHARE

【その3】日本でスペイン語の学校に通う

さてさて、大学の卒業旅行でスペインに行き、ラジオ・スペイン語講座で学んだことを実践出来て大満足だったわけですが、私の目標はそこでは終わりませんでした。

その頃の私の夢は「一度でいいから海外で暮らしてみたい!」ということでしたので、スペイン語を勉強し始めたからには、いつかスペインで暮らそうと思っていたのです。

そのために、どうしたらいいのかはよく分からなかったのですが、とにかくスペイン語を勉強しようと思いました。

そこで、大学を卒業して埼玉の実家に帰った私は、昼間は働いてお金を貯め、夜はスペイン語の学校に通うという生活を始めたのです。

スペイン語を教えている学校は、都内にはいくつかありましたが、その中で一番授業料が安くて、職場から通いやすいところを選びました。

あと、土日はスペイン関係のイベントに参加したり、スペイン映画を鑑賞する会に参加したり、その時期は本当に、どっぷりとスペインにハマってましたね~。

一番最初に通っていたのが、ここ。

公益財団法人 日本スペイン協会

昔は信濃町にありましたが、今は港区に引越したようです。

ここのレッスンで良かったのは、日本人の先生の文法のクラスと、ネイティブの先生の会話のクラスを交互に受講出来たことでした。

まず日本人の先生に、しっかりと文法を教わって、習ったことを次のネイティブの先生のクラスで使いながら会話します。

インプットとアウトプットをバランス良く行うことが出来て、これは本当に効率の良い勉強の仕方だったなと感じます。

ネイティブの先生もスペイン人、メキシコ人、コロンビア人など様々な国の先生がいましたので、それぞれに個性があってとても楽しかったですよ。

レッスン外でも、色んな話が聞けて、私にはその全部が新鮮でした。

一緒に勉強していた生徒達もそれぞれに個性的でした。

フラメンコをずっとやってますっていう女性、彼氏がコロンビア人で遠距離恋愛をしているというネイリストさん、英語、フランス語、日本語がぺらぺらのインド人男性。などなど。

あれ?この人は生徒?もしかして先生?

って、最初はそのインド人の方を見て戸惑いました。(笑)

その後、仲良くなって、おうちにも招待して頂き、美味しいインド料理をご馳走になったりもしましたね。

やっぱり学校に通って勉強すると、交友関係も広がり、情報も沢山入ってきます。

そしてなりより、格段に楽しいです。

もちろん、それなりにお金はかかりますが、こじんまりと教えている安い教室もありますから、自分のお財布に相談して、色々と自分に合う学校を検討してみると良いですよね。

また、今だったらオンラインの外国語レッスンサービスが沢山あります。

とても安い値段で、現地にいるネイティブスピーカーと直接会話することが出来ますので、簡単にお茶の間留学出来ちゃいますね。

自分に合う先生を選ぶことが出来て、楽しく会話しながら学べますよ。

時差のある外国と繋がって、24時間利用できますから、忙しくて学校に行く時間が無いという方には、とても便利なサービスですよね。

ただ、やっぱり大人になってからの語学勉強は、会話だけではなくて文法も同時進行に勉強した方が良いと思います。

ですから、このようなオンラインサービスを利用する際には、別の方法でしっかりと座学もすることをお勧めします。

私が上述したように、文法と会話を同時進行で勉強すると、本当に効果が高いので。

参考にしてみてくださいね。