悔しい時の表現 例文(3) Debe ser frustrante perder siempre.

SHARE

悔しい時の表現 例文(3) Debe ser frustrante perder siempre.

Buenos dias, todos.

小鳥の声で目が覚める
チキータうさぎです。

今週のテーマは、
「悔しい時の表現」ですよ。

 

☆☆☆☆☆☆・・今週のテーマ・・☆☆☆☆☆☆

        悔しい時の表現 
  
☆☆☆☆☆☆・・・・・・・・・・・☆☆☆☆☆☆

 

 

<今日のフレーズ>

Debe ser frustrante perder siempre.
(デベ セール フルストランテ ペルデール シエンプレ)
訳:負けてばっかりは悔しいに違いない。

 

【解説】

debe(デベ)はdeber(デベール:~すべきだ)
という意味の助動詞の3人称単数形です。

debe ser(デベ セール)で
「~に違いない」という意味になります。

frustrante(フルストランテ)は
「イライラさせる、ストレスがたまる」
というような意味ですが、

今回は
「悔しい」とか「モヤモヤしている」
というような気持ちを表現しています。

 

 

<応用フレーズ>

Me dan mucha rabia sus palabras.
(メ ダン ムーチャ ラビア スス パラーブラス)
訳:彼にあんなこと言われてすごく悔しい。

 

【解説】

dan(ダン)はdar(ダール:与える)
という動詞の3人称複数形です。

主語はsus palabras(スス パラーブラス)
で、「彼の言葉」という意味です。

rabia(ラビア)は「苛立ち、怒り」
という意味の名詞です。

「彼の言葉は私に沢山の苛立ちを与える」
というのが直訳ですので、

「彼に言われたことが悔しい」
という意味になります。

 

 

♪雑談コーナー♪

夏が近づいてきて、段々と
日が昇るのが早くなってきましたね。

寝室が庭に面していますので
朝は小鳥の声が本当にすごくて
勝手に目が覚めてしまいます。

早起きは三文の得。
有り難い。